キャビスパEXを購入する

レビュー キャビスパEX

最近の記事

もっとみる

キャビテーション一覧

たるみやすい二の腕には部分痩せのキャビテーションが効果的

スキンケアをする女性

二の腕は太っている人だけではなく、誰でも簡単にたるんでしまう部位なので、スッキリとした二の腕を保つには適切なケアが必要です。

二の腕がたるみやすい理由

二の腕がたるみやすい原因は二の腕の筋肉量にあります。二の腕の筋肉は他の部位に比べて使うことが少なく、筋肉量がなかなか増えません。筋肉が減ることで二の腕の基礎代謝が落ちて脂肪が溜め込まれやすくなってしまいます。

引き締まった二の腕には部分痩せ

そんな二の腕を細くするには、二の腕に筋肉を付ける必要があります。ですが効果を実感できるまでは時間がかかります。また二の腕のみが気になる場合は、他の部分は痩せる必要がないので食事制限による身体全体のダイエット方法も向いていません。

身体全体のダイエットで二の腕が痩せてくるのはウエストやバストの後なので、バランスの良いボディラインを作り出すことも難しくなります。そのため二の腕を引き締めたい場合には部分痩せに効果的なキャビテーションがおすすめです。

部分痩せにはキャビテーション

キャビテーションは機械を当てた部分に超音波を当てて、脂肪や老廃物などを排出されやすくします。それだけでなくキャビテーションの機器によっては、普段使われない筋肉にも働きかけ機械を当て他部分が筋肉トレーニングをしたような効果を得られる「EMS機能」もあります。

  • キャビテーションは機械を当てた部分に作用する
  • 普段使われにくい筋肉に働きかけトレーニングする効果

この2点でキャビテーションは二の腕などの部分痩せに効果的な方法と言えます。

キャビテーション×姿勢の改善が効果的

二の腕にキャビテーションを当てていれば徐々に細くはなっていきますが、それだけではなく「姿勢の改善」を心がけながらキャビテーションと併用する使い方が最も効果的です。

というのも「二の腕が太い原因は姿勢が悪いから」といっても過言ではないからです。良い姿勢を保つことは、意外に筋肉を使っています。姿勢が悪く猫背がくせになっている人は、常に二の腕の筋肉がゆるみ筋肉が使われていない状態になっています。使われなくなれば筋肉量も減るので二の腕には水分や老廃物が溜まりむくみ脂肪も付きますし、減ってしまった筋肉は皮膚まで支えることもできなくなります(これが一般的な「たるみ」です)。

姿勢が悪くなるだけで二の腕は太くなったりたるんでしまうのですから、反対に姿勢を保つことを心がければ、それだけで二の腕にとってはエクササイズになり、二の腕のたるみなどの改善にもなります。

ストレッチや二の腕エクササイズも並行して

さらにキャビテーションを効果的に利用したいなら、キャビテーション後にストレッチ二の腕のエクササイズをするのがおすすめです。

キャビテーションと合わせて適切な筋トレやストレッチを並行することで、二の腕はさらに早く綺麗に引き締まっていきます。自分でも「筋肉がない」と感じる人は特にリバウンドを防ぐためにも筋トレやストレッチである程度二の腕にも筋肉を付けましょう。