キャビスパEXを購入する

レビュー キャビスパEX

最近の記事

もっとみる

キャビテーション一覧

キャビテーションと脂肪吸引の違い

ビジネス 接客

部分痩せやセルライトを除去には、キャビテーションと脂肪吸引の2つの方法があります。

この2つの方法の違い、それぞれのメリットとデメリットについて考えてみましょう。

キャビテーションとは

キャビテーションとは、超音波の刺激で脂肪を分解、除去する方法です。キャビテーションはエステサロンや、家庭用キャビテーションなら自宅で自分で行うこともできます。

手順としてはエステサロンでも自宅でも、まずはキャビテーションを当てる部分にジェルを塗ります。そしてジェルを塗った部分にキャビテーション機器を当ててゆっくり動かします。

脂肪吸引とは

脂肪吸引とは、皮膚を切開して脂肪を吸入する方法です。脂肪吸引は医療行為なので、美容外科などの医療機関で行います。

麻酔をした後に切開し、超音波やレーザー光線、薬剤などを使って脂肪をやわらかくし、吸引します。

キャビテーションと脂肪吸引の決定的な違い

キャビテーションと脂肪吸引は、それぞれ部分痩せができたり、リバウンドがしにくいという共通点がありますが、もちろん違いもあります。キャビテーションと脂肪吸引の大きな違いは料金とリスクです。ではそれぞれのメリットとデメリットをご紹介しますので、見比べてどちらが自分には合っているか選択しましょう。

キャビテーションのメリット・デメリット

キャビテーションのメリット

  • 料金が安い
  • 安全で体に傷を付けない
  • エステや自宅でできる

キャビテーションのデメリット

  • 直接脂肪を体外に出せない
  • アフターケアが必要
  • 効果を実感まで数回通う必要がある
  • 完了まで何度も通う必要がある

キャビテーションの場合、料金や安全面で脂肪吸引よりメリットが大きいです。ですが直接的に脂肪を体外に出せるわけではないので、1回目の施術直後から効果を感じるのは難しいでしょう。1度きりの施術では痩せられません。

脂肪吸引のメリット・デメリット

脂肪吸引のメリット

  • 直接脂肪を体外に出せる
  • すぐに確実に痩せられる
  • 努力せず痩せられる

脂肪吸引のデメリット

  • 料金が高い
  • 体に傷が残るかもしれない
  • 肌が凸凹になる可能性がある
  • 医療機関でしかできない
  • しばらく痛みが残る

脂肪吸引は医療行為なので料金は高いです。手術をするので皮膚の切開をしなければならなかったり、術後1週間ほどは腫れや痛み、皮膚が凸凹になるかもしれないリスクの覚悟もしなければなりません。なので「脂肪吸引は最後の手段かな…」と考えている人も多いようです。

メリットが多いのはキャビテーション

2つを比べたときにメリットが多いのはキャビテーションでした。料金・リスク・痛み・手軽さなど始めやすくダイエットに向いているのは、やはりキャビテーションだと思います。