キャビスパEXを購入する

レビュー キャビスパEX

最近の記事

もっとみる

キャビテーション一覧

キャビテーションの脂肪細胞を破壊する原理・仕組み

キャビテーションはダイエットや部分的痩せに効果的で「切らない脂肪吸引」と言われるほどですが、実際キャビテーションはどのように脂肪を分解しているのでしょう。

「キャビテーションは超音波で脂肪細胞を破壊する」とよく聞きますが、どんな原理や仕組みで脂肪細胞を破壊しているのか、今回はキャビテーションの脂肪細胞を破壊する理由について詳しく見ていきたいと思います。

キャビテーションで脂肪細胞が破壊される原理・仕組み

キャビテーション=空洞現象とも言います。空洞現象とは、液体の流れの中で圧力が非常に低くなったところで蒸気(空洞)が発生することを言います。

この蒸気の空洞が泡となって圧力が高い場所に流れた時、泡は自然に消滅します。

これだけだと、ただ泡ができて消えただけの話になってしまいますが、ポイントは「泡が消滅する時の作用」です。

気泡の消滅で脂肪細胞を破壊する原理

泡は消滅する時、泡の周りの液体に非常に高い圧力を発生させます。発生した圧力は脂肪細胞の壁を破壊して浸食し、硬くなった脂肪細胞を壊します。

キャビテーションはこの「泡の消滅」を利用して脂肪を破壊する方法を用いているわけです。

キャビテーションの超音波の役割・仕組み

ではキャビテーションで用いられる超音波は、どのような働きがあるのでしょう。

超音波とは、人間の耳に聞こえない振動数を持つ「振動波」です。しかし超音波はただ振動自体を目的としたものだけでなく、様々な目的に用いられています(治療、物を切る、加湿器、洗濯機etc…)。

キャビテーションに用いられる時には、液体の中を十分に広がる超音波を使うと体の液体中に低い圧力の場所をつくることができます。この圧力の低い場所を作ることで、気泡を生み出し脂肪細胞を破壊します。

このような原理でキャビテーションは体の中で固まってしまった脂肪細胞を破壊しダイエット効果を出してくれます。

原理を理解してマッサージ・軽い運動の重要性を知る

しかしあくまで原理や仕組みを見ても脂肪細胞を破壊するだけで、脂肪吸引のように体外に直接排出できているわけではありません。破壊された脂肪は自然に体外に排出されるものやエネルギーと消費されることもあれば、また脂肪細胞として硬くなってしまうこともあります。ですので、キャビテーション後にはマッサージや軽い運動が重要になります。

キャビテーションをした後は、マッサージで血行を良くして脂肪を流すこと、燃焼されやすいうちに軽い運動で消費すること、この2つをキャビテーションを組み合わせることで、キャビテーションの効果は非常に現れやすくなります。

効果を上げるアイテムとして考える

「キャビテーションだけしていれば痩せられると思っていたのに…」と考えていた人にとっては「めんどう!」「結局努力しなければいけないの…」と落胆する人もいるかもしれません。

ですがキャビテーションは効果が非常に出やすいので、意外に長続きする人が多いです。効果がなかなか現れない苦しい一般的なダイエット(厳しい食事制限や激しい運動など)に比べて大きなストレスがなく脂肪が減るので、今までダイエットが続かなかった人もモチベーションを保ちやすい方法としておすすめです。ぜひダイエットを始めるならキャビテーションを利用してみてください。