キャビスパEXを購入する

レビュー キャビスパEX

最近の記事

もっとみる

キャビテーション一覧

キャビテーション効果を上げる行動・効果を下げる行動を知って美ボディに近付こう!

 

キャビテーション効果を上げる行動・下げる行動は?

キャビテーションは、脂肪を柔らかくしてリンパへ流す効果がある痩身法ですが、キャビテーションだけ使っていればあとは何をしてもいいというわけではありません

せっかくキャビテーションを使うなら、より効果を実感できた方がやる気も長く続くはず。理想のボディに近づくためにキャビテーションの効果をサポートできる行動と、反対に効果を下げてしまう行動を押さえましょう!

 

効果をサポート!美ボディに近付く行動

積極的に水分を補給

キャビテーションの効果を上げるためには水分の補給が大切です。キャビテーションで脂肪はリンパに流されますが、流された脂肪は血液中に溶け出てドロドロな状態。血液がドロドロのままでは肝臓まで届かずいつまでも分解されませんし血液の病気にもなりかねません。このとき水分を摂取するとことで、ドロドロの血液はサラサラな状態にし、脂肪も肝臓へ流れやすくします。また水分を摂取することで老廃物も排出されやすくなります。

キャビテーション後の軽い運動

キャビテーション直後の軽い運動は、効果を高めてくれます。基礎代謝が上がって体温も上がることでドロドロに溶けた脂肪が燃焼されやすくなります。

運動の他にも、入浴や岩盤浴なども効果的。老廃物が出やすくなりますし、体温や代謝も上がります。

ただ激しい運動は身体への負担が大きいのでおすすめしません。そして運動や入浴、岩盤浴では汗をたくさんかいて体内の水分が少なくなるので、必ずこまめに水分の補給をしながら行いましょう。

 

キャビテーションの効果を下げるNG行動

キャビテーション直前・直後の食事

キャビテーションを使うときに代表的なNG行動がキャビテーション前後の食事です。キャビテーションで痩せられるから!と油断してはいけません。

実はキャビテーションを使用すると、脂肪が吸収されやすくなります。キャビテーションの前後に食事すると食べた物はいつもより脂肪として蓄えられやすくなるので、本来得られたはずの効果が半減してしまいます。

もしキャビテーションの後に食事をするなら2~4時間位あけることをおすすめします。その際にもカロリーが高いガッツリ飯は避けて、野菜やカロリーの低いものを選びます。

当日のアルコール摂取

またリンパに流された脂肪は肝臓に集まっていくので、肝臓に負担がかかるアルコールもNGです。肝臓はアルコールに他にもたんぱく質、糖質なども分解する重要な働きをしてくれますが、キャビテーション直後はリンパから流れてきた脂肪で肝臓はてんてこ舞いな状態になっています。キャビテーションをした日の飲酒は控えましょう。