キャビスパEXを購入する

レビュー キャビスパEX

最近の記事

もっとみる

キャビテーション一覧

年末年始・正月太りには「キャビテーション×EMSダイエット」がおすすめ

osechi

正月が終わって目の当たりにする太った自分

年末年始はどう過ごしになったでしょう。特にお正月はだらだらゆっくり休みを楽しめたという人も多いのではないのでしょうか。おせちや餅をたいらげ、ずっとこたつから出ていないという人もいるかもしれません。

ですがそんなたるんだ時間もすぐに終わります。そんなゆったりとした正月の夢から現実に戻ったときに目の当たりにするのは、正月太りでたるんだ自分の体です。生活リズムは元に戻ってもたるんでしまった体はなかなか元に戻ってはくれません。食べて飲んで寝てまた食べて…では太るのは当たり前ですが、原因はそれだけではありません。

筋力低下とむくみで太りやすい体に

正月中にほとんど動くことがなかった人は、その間筋肉もほとんど使っていなかったことになります。普段使っているはずの筋肉が使われなくなると、筋肉は休み始め筋力は低下し、代謝は悪くなり太りやすい体になります。さらお正月はおせちや塩分を沢山使った料理が多く、いつもよりも多量に塩分を摂取している傾向があります。塩分を沢山摂取すると、体はむくみやすくなるので、余計に太っているように見えてしまいます。

元の体型に戻るためには

元の体型に戻るためにはまず生活習慣の改善から始めます。お正月のままの食生活、生活リズムでは太りやすい体のままです。まずは、

  • 食事の量や回数を以前の生活に戻す
  • 塩分を最小限にする
  • 水分をこまめに取る
  • 普段していたことをこなす
  • 運動をする
  • ストレッチやマッサージをする

などで元の筋力を取り戻し、むくみを改善していく必要があります。むくみが取れるだけでも随分スッキリしたような印象になるので、むくみ対策はぜひ行ってください。

正月太りでついた脂肪が落ちない場合には

「以前の生活に戻して、よく動くようにしているしマッサージやストレッチもしっかりしているのに、脂肪が落ちない」という人もいると思います。皮下脂肪として脂肪が蓄積されてしまうと、普通のダイエットでは燃焼されにくくなってしまい、普段の生活に戻っても脂肪だけ置いてけぼりになってしまいます。ではこんな時にはどうやって脂肪を落とせばいいのでしょう。

落ちない脂肪にはキャビテーションダイエット

正月太りで残ってしまった脂肪を撃退するにはキャビテーションを使ったダイエットが効果です。

キャビテーションダイエットは他のダイエット方法と違い、脂肪に直接アタックするダイエット方法です。「切らない脂肪吸引」とも呼ばれ、硬くなってしまった脂肪には効果抜群です。

キャビテーションとは

キャビテーションとは超音波を当てて脂肪を分解する方法で、硬くなってしまった脂肪細胞も破壊して燃焼しやすい状態に変えることが可能です。

正月太りで残ってしまった硬い脂肪細胞もしっかり分解することで燃焼されやすくなるので、元の体にも早く戻れます。

家庭用キャビテーションのEMS機能も合わせて

もしキャビテーションの効果をさらに上げて痩せたい場合、家庭用キャビテーションに付いているEMS機能も合わせて利用しましょう。

EMSとは

EMSとは略称で、正式には「Electric Muscle Stimulation(電気 筋肉 刺激)」です。その名前の通り、電気で筋肉に刺激を与え筋肉を鍛えるということです。

EMS機能は、体の内側にある普段使われない筋肉にも刺激を与え筋肉を鍛えることができます。筋肉が付くことで、代謝も上がり、脂肪も燃焼されやすくなり、リバウンドのない痩せやすい体を手に入れることができます。

実際に筋肉を意識しながら運動して筋肉を付けるのは難しいですが、EMSを使えば自動的に筋トレができるのでただ当てているだけで簡単&楽に筋肉を付けられます。

おすすめの家庭用キャビテーション

短時間で尚且つコストがかからないキャビテーションはキャビスパRFコアEXです。もちろんEMSがついており、キャビテーションも備えています。ではコストがかからないというのは何故でしょうか。それは「防水仕様」だからです。これによって他のキャビテーション美容器では必要だった「専用ジェル」が必要なくなったからです。お風呂に入るついでにお風呂の中で使うだけ。

一度買えば一年の中で訪れる連休も怖くない!コストを気にせずしっかりこっそり対策して、太らない体作りを目指しましょう!