キャビスパEXを購入する

レビュー キャビスパEX

最近の記事

もっとみる

キャビテーション一覧

ダイエット美容グッズの種類

エクササイズ

今回は沢山あるダイエットグッズの種類について詳しくご紹介します。ダイエットグッズといえば、ワンダーコアスマート、バランスボール、キャビテーション美容器、ウォーキングシューズなど様々ありますが、見落としている便利なダイエットグッズもいくつかあるのではないでしょうか。

この記事で、どんなダイエットグッズがあるのか、どのように使うのか、どれが自分にとって最も合っているか探してみてください。

運動補助器(ワンダーコア スマートなど)

CMも流れており、目にする機会がとても多くなってきました。「倒れるだけで腹筋ワンダーコ~~~~~ア」というキャッチフレーズで一躍大人気に。

背もたれの反発力が倒す時も起こす時も腹筋に作用し、一日30秒程度で確実に効果が出る運動補助機器です。腹筋だけでなく、8種類の運動方法があり、様々な筋肉を鍛えることができます。このように色々な筋肉を鍛えることのできるダイエット器具としては大きさも小さく作られており、邪魔になり難いというのも嬉しい点だと思います。

そしてダイエットや体を鍛える為には実際の運動が一番であることは間違いなく、手軽でしっかりと体に作用してくれる商品はいつの時代も大ヒットしています。ワンダーコアスマートは値段も14000円弱と安く、自分のやる気さえ継続すれば運動+ダイエットで健康的な体をゲットできるでしょう。

美容ローラー(リファカラット・スリムセラ・プラチナゲルマローラーなど)

ローラー美容器といえば美顔器ローラーをイメージする人も多いと思いますが、それを体にも作用しやすいようにしたのがローラーダイエット美容器です。

以前はただのボールがくるくる回るだけのものが多かったのですが、最近はエステティシャンの手の動きに近い効果を得られるように改良された製品が出てきており、ゴムでボコボコしたタイヤのようなものが回るものなど、多岐に渡っています。

クリームと合わせることで滑りを良くしながら効果アップを計ったり、体温が上がる入浴時に使える防水仕様の商品なども登場しています。人気の理由として大きいのは、場所も選ばず気軽に使える点です。値段も比較的安く手に入ることから本格的なダイエット用品よりも、ローラーダイエットを毎日使うという方法でゆっくりダイエットに取り組む人もいます。

バランスボール(アルインコ・鉄人倶楽部・EGSなど)

バランスボールは1000円程度から買うことができ、他のどのダイエット製品よりも安く手軽で、オフィスの椅子としても大人気のバランスボール。デメリットは大きいこと。部屋に置いてあると邪魔だったり、運動を要するために毎日使うとなるとなかなか大変だったりで続かない方もいます。

しかし体幹を鍛えられるので内側から筋肉がついていき、しっかりした体を作ることができます。電車などでもつり革を持たずに立っていられるようになるなど、実生活でも大変効果のある器具です。ただボディラインを引き締める効果はあまり期待しない方がいいです。見た目に現れるような効果が欲しい場合、負荷を大きくして根気欲使い続ける必要があります。

キャビテーション美容器(キャビスパ・キャビスパEXなど)

キャビスパなどに代表されるキャビテーション美容器は運動などでは得られない直接的な効果を期待できます。超音波により体内の脂肪を柔らかくし、リンパから流すという方法で、部分痩せやセルライトの除去といった通常のダイエットでは難しい効果を得られます。

運動や食事制限では部分痩せの実現は難しく、胸や痩せたくなかった部位も落ちてしまうこともあります。健康的な体を作りながらも、部分痩せを目指すにはキャビテーション美容器を使うのがおすすめです。

ウォーキングシューズ(リーボック イージートーンなど)

発売時、大反響を呼んだバランスを取りながら歩く、エクササイズシューズ。靴底が膨らんでいるので、バランスを取りながら足腰や全身の筋肉を使って歩くようになります。

見かけによらず意外に普通に歩くことができ、ウォーキングやエクササイズ以外でも出勤時や通常時に使用も可能な万能シューズ。室内履きに使う方もおり、広く様々なシーンで愛用されています。通勤など毎日の徒歩の時間をエクササイズタイムにできるので無理なく運動ができます。

ダイエットグッズの選び方

選ぶ時に重要なのは「続けられるかどうか」という点です。どんな良い物や高い物であっても、続けることができなければダイエット効果は期待できません。

反対に値段が非常に安くても続けるのが大変そうな物なら、多少高くても続けられるダイエットに効果的な商品を選んだ方がいいと思います。ダイエットグッズのお金よりも、ずっと痩せられないまま過ごす「時間」の方がもったいないはずです。