キャビスパEXを購入する

レビュー キャビスパEX

最近の記事

もっとみる

キャビテーション一覧

フェイスモードがないキャビテーションを顔に使うのは危険

美容 マッサージ キラキラ

キャビテーションの顔への使用は危険

キャビテーションは、超音波の働きで皮膚の下にある脂肪を燃焼させて脂肪を分解するという痩身法で、お腹や太もも、二の腕などの部分痩せや、セルライトの除去に効果的ですが、骨に近い部位、脂肪が少ない部位に使うことはできません

脂肪の少ない顔に超音波を当てると、脂肪がない分、超音波は歯や骨に強く当たってしまい、耳鳴りに襲われたり耳が聞こえにくくなったりトラブルに発展する可能性があります。従って顔への使用は危険です。また、顔だけではなく脂肪の少ない首、頭部、脇、膝の裏などに使うことも危険になります。

エステサロンでキャビテーションを受ける場合には、施術前のカウンセリングで施術部位を決定しますので、エステサロンでもキャビテーションが不向きな部位への施術は行われません。エステサロンで顔痩せのコースを選択した場合には、顔の皮膚に負担をかけない種類の超音波とマッサージで施術が行われます。

家庭用キャビテーション美容器の使用説明書にも、顔に使用することはできない旨が書かれていますが、説明書を読んでいなかったり「少しくらいなら大丈夫だろう」と考えたりして、顔にキャビテーションをしてしまうというと非常に危険です。絶対にしないようにしましょう。

キャビスパRFコアにはフェイスモードが搭載

しかし例外もあります。2016年に登場したキャビスパRFコアはなんと顔への使用OK。フェイスモードが付いているので、モードを切り替えることで、顔への使用が可能になりました。

>>ヤーマン キャビスパにフェイスモードがついた新機種が発売!顔のケアもキャビスパで!【ヤーマン キャビスパRFコア / EX】

顔に使用する時には

キャビテーションは脂肪が沢山ある場所に当てるものなので顔には向きません。顔痩せをしたい場合には、フェイスモードのあるキャビテーションか、キャビテーション以外の美容器を使ってケアしましょう。エステサロンで施術を受ける場合には、サロンスタッフさんがキャビテーションを当てられるか判断してくれますが、家庭用キャビテーションは自分で判断しなければなりません。家庭用キャビテーションを使う際には使用方法をよく読み、安全に使うようにしましょう。

※新商品のキャビスパRFコアにフェイスモードがつきました!

 

美顔器とフェイスモードの違い


美顔器にはさまざまな美顔機能が付いており、またワンタッチでコットンを取り付け、肌を綺麗にする機能もありますが、キャビテーションのフェイスモードはEMSとラジオ波でエクササイズをするだけのモードです。

つまりフェイスモードは美肌効果などはなく引き締めだけに使う機能。なので美顔器ではありません。詳しくは公式サイトを確認してみてください。その違いがよくわかると思います。

フェイスモードのあるセルキャビ

セルキャビのフェイスモードは顔にも使えますが、セルキャビのフェイスモードにキャビテーションの機能はありません。フェイスモードはあくまでラジオ波(RF・温め)、EMS(筋肉刺激)機能のみとなっており、キャビテーションはオフになっています。誤ってキャビテーションを顔に使わないように気をつけましょう。

フェイスモードのあるdinos セルキャビ

dinos セルキャビ

口コミ平均評価 : ★★★★☆ 4.6/5 (口コミ 1件)
コストパフォーマンス : ★★★★★

最新記事:キャビスパを最安値・激安で購入する方法を調べました!

キャビテーション機能もありながら、フェイスモードがついている機器として唯一の機器がセルキャビです。キャビスパのバストモードをなくし、フェイスモードにしたタイプになります。胸より顔!という方にはこちらがオススメです。ただ、現在ではキャビスパはキャビスパEXにバージョンアップしており、価格も大して変わらないので悩みどころかもしれません。よく比較してみるといいでしょう。

btn_detail

>>ヤーマン キャビスパにフェイスモードがついた新機種が発売!顔のケアもキャビスパで!【ヤーマン キャビスパRFコア / EX】