キャビスパEXを購入する

レビュー キャビスパEX

最近の記事

もっとみる

キャビテーション一覧

ダイエットのルール8!これさえ守れば痩せられるダイエットの鉄則

「何とかして痩せたい!」「ダイエットを成功させたい」という強い気持ちでダイエットに取り組んでいるつもりでも、なかなか成果がでないこともあると思います。

そこで今回はダイエットを成功に導くための小さなルール「ダイエットルール」をご紹介します!ぜひルールを参考に実践してみてください。

ダイエットルール1.高カロリーは朝に持ってくるべし

ダイエットルールまず1つ目は、高カロリーの食事を朝に持ってくることです。カロリーが高い食事はなるべく朝に食べるように調整しましょう。

ダイエット中に高カロリーな物を無性に食べたくなってしまう現象に経験がある人もいると思いますが「食べたい物が食べれない」状態が続くのは、ストレスが溜まるばかりです。

このストレスはドカ食いやリバウンドのきっかけにもなるので、ダイエット中でも食べたい物をむやみに我慢するのは避けましょう。

朝は高カロリーな食べ物を摂取してもそこからの活動時間が長いので、他の時間帯の食事で摂取するよりもカロリーを消費しやすくなります。反対に夕食や夜食は、摂取したカロリーを消費できず体に溜め込むことになるのでおすすめできません。

ダイエットルール2.極端な食事制限は不健康を招く

ダイエットへの意識が高い人が陥りやすいのが、徹底的に食事の量を減らすダイエット方法です。

リンゴ1個、こんにゃく麺、サラダのみなど、極端な食事制限をしてダイエットする人もいますが、一時的に体重が減っても食事量を戻せばすぐにリバウンドしてしまいます。

また極端な食事制限で摂取カロリーを急激に減らすと、めまい・頭痛・だるさ・ふらつき・肌の乾燥・ニキビなどのリスクが高まります。健康や美容も考えるなら極端な食事制限はやめましょう。

ダイエットルール3.水分補給は小まめにするべし

ダイエット中は1日合計1.5ℓを目安に小まめに水分を補給しましょう。体内の水分が不足すると、代謝が低下して便秘になりやすくなります。

便秘は体内に老廃物が溜まっているという状態ですから、ダイエットのためには便秘を解消するのが一番です。ダイエット中は水分補給をしっかりして、体のデトックス作用を高めていきましょう。

また水分不足の状態が続くと、食べ物から水分を補給しようと脳の中が食欲増大モードになってしまいます。つまり体内の水分不足は空腹スイッチをONにしてしまうということです。

ダイエットルール4.おやつは午後3時に食べるべし

おやつを食べるタイミングとして最適なのは、昼食の2~3時間後です。昼食後の血糖値が落ち着き、おやつがダイレクトに脂肪に結びつきにくくなるタイミングと言えるでしょう。

「ダイエット中おやつは何が何でも食べない!」という人もいますが、ダイエットは長丁場ですから甘い物が食べたい時は我慢しすぎず食べるタイミングをコントロールしましょう。

ダイエットルール5.夕食が遅いと脂肪が増えていく

夕食はなるべく早い時間帯に食べてしまいましょう。

食べたものが脂肪細胞に運ばれてしまいやすい時間帯は午後10時~深夜3時頃にかけてなので、この時間帯や午後10時に近づけば近づくほど食べたものは脂肪に変えられやすります。

反対に食べたものが脂肪細胞に最も運ばれにくい時間帯は上でも説明したおやつの時間(午後3時)なので、なるべく夕食は早い時間帯に食べてしまうのがおすすめです。

ダイエットルール6.1日3食しっかり食べるべし

ダイエット中だからこそ食事は1日3回しっかり摂るべきです。
食事の回数を減らすと、

  • 空腹時間が長くなる
  • 1回の食事量が増える

などのことで体が栄養分を溜め込みやすくなります。まずは1日3回の食事を基本として、食事の内容や量を調節しましょう。

ダイエットルール7.腹八分目が基本

ダイエット中は基本的に腹八分目常に食べ過ぎないと意識することが大切です。

「もう少し食べたいな…」くらいでやめておくのがポイントです。腹八分目を心掛けることで胃もたれや体のだるさが改善することがあるので、今まで動けないくらいにお腹いっぱい食べていたという人も、腹八分目を心がけてみましょう。

ダイエットルール8.食べすぎた翌日はプチ断食

食べすぎた翌日は胃をしっかりと休めるためにもプチ断食をしてみましょう。断食と言っても全く食べてはいけないわけではなく、普段の食事より軽いものにするということです。

普段の食事を野菜スープや10分粥、スムージーなど胃の負担にならないようなメニューに置き換えましょう。

ダイエットのルールを守って、確実に痩せる

いかがでしたか?ダイエットにはルールがありますが、ルール1つ1つを見ていくとそれほど難しいものではありません。
しかしながら最初は意識しないとなかなかできないこともあるので、続けていく努力は必要です。習慣になるくらいまで続けられることが理想です。ダイエットのルールを生活習慣にして、太りにくく痩せやすい体質を作り上げましょう。