キャビスパEXを購入する

レビュー キャビスパEX

最近の記事

もっとみる

キャビテーション一覧

ダイエットを継続させる方法

ダイエットを継続させる方法を伝授!

今回は「ダイエットを継続する方法」をご紹介します。「ダイエットはいつも三日坊主で終わる」「ダイエットが長続きしたことが無い」という人も多いはずです。1日でも長くダイエットを継続させるためにも、ここからはおすすめの方法をご紹介していきます。

ぜひ自分の性格や生活スタイルに合ったダイエット方法をお探しになってはいかがでしょうか。

方法1.食べながら痩せるダイエットを選択する

ダイエットで一番のネックとなっているのは、食べられないことへのストレスです。ダイエット継続をストップさせてしまう一番の原因である「ストレス」は食欲を抑制することで増えてしまいます。食べないダイエットをすると体内の栄養が不足するので、肌が荒れる・目まい・気力が湧かない・頭痛・風邪を引きやすくなるなど、さまざまな体調不良を引き起こします。

ダイエットを継続し続けたいのであれば、極端な食事制限は控え食べて痩せられるダイエット方法を選択しましょう。

<食べながら痩せるダイエット方法例>

  • 炭水化物は1食につき、お茶碗を軽く1杯程度
  • 茹で野菜で体を冷やさない工夫
  • 冷え解消&満腹感アップのスープを活用

方法2.目標は徐々に引き上げていく

ダイエットのため高い目標を掲げて取り組むのは悪いことではありませんが、目標を高く掲げてしまうとそれだけストイックにダイエットに取り組まなければなりません。焦りが生まれダイエット自体を苦痛に感じてしまうと、継続することが途端に難しくなります。

そこで、最初から目標を高く掲げてしまうのではなく、目標は徐々に引き上げていくようにしましょう。最初の目標は自分でも達成できるとわかる程度の設定にすると、ストレスが一度にかかることはないでしょう。

方法3.数値にとらわれない

体重計やメジャーで測ったときの数値でダイエットのやる気を継続させる方法がありますが、減らない時期に突入してしまった場合は、無理をして計り続ける必要はありません。

体重計がほとんど減らないのに無理をして数値を測り続けると、ダイエットが楽しくなくなってしまうからです。メンタル面で参ってしまうことも少なくありません。

方法4.家族に応援してもらう

ダイエットは孤独な戦いですが、誰かに応援してもらうのも1つの方法です。特に共に生活を送っている家族に応援してもらうのは、ダイエットに有効です。

一言家族に伝えておくことで家族の協力を得られるかもしれませんし、食事制限や体重変動で家族に体調面の心配をかけることもないでしょう。

やめてしまいそうな時や怠けたいと思った時にも誰かの応援があることで支えになるかもしれません。ダイエットの継続を望むなら、自分1人だけではなく周りの人の力も借りつつ進めていくことをおすすめします。

方法5.目標を公言して自分を追い込む

メンタルの強さに自信があるのならダイエットの目標を公言して自分を追い込むのも方法のひとつです。

「ダイエット中だから、私にお菓子を与えないでください」と社内で公言をすると、お菓子がデスクの上に乗らなくなるので、ダイエット環境が整うという方もいます。自分で食欲を抑えられない時でも、周りに公言しておくことで「もう、そのくらいにしておいたら?」とストップをかけてくれるケースもあるようです。

このように目標を公言して、周りのサポートを受けつつ、自らを少し追い込んでみるのもいいですね。

方法6.ダイエット中にお楽しみデーを作る

ダイエット継続のためには、ちょっとしたお楽しみデーを設けて楽しい時間を過ごすことも大切です。大好きなお饅頭を食べる日、白米の量をちょっと増やす日、果物たっぷりのゼリーを食べる日など、ちょっとした楽しみで良いので、ダイエット生活にメリハリをつけていきましょう。

毎日ストイックに頑張っていると、どこかで気が抜ける瞬間が来るでしょう。そこで気が抜けたままになってしまうか、ダイエットを継続できるかは、その時の考え方や過ごし方で変わってくると思います。

美しい自分をキープするためダイエットは継続していこう

いかがでしたか。リバウンドせず健康的なダイエットに取り組みたいのなら、無理をせずに長期間継続する方法を試してみましょう。

体と心への負担を最小限に抑えつつ、確実に体重を落としていきましょう。