キャビスパEXを購入する

レビュー キャビスパEX

最近の記事

もっとみる

キャビテーション一覧

身近な飲み物でダイエット効果を得られる!痩せるドリンク10選を紹介

ダイエット中、意外な落とし穴となっているのが「飲料」。ケーキやドーナツなどの固形物のカロリーは細かく気にしても、ジュースやフローズンドリンクなどの液体のカロリーを気にしない人が多いのです。しかしお洒落なカフェにあるような、高脂肪の生クリームや砂糖たっぷり入ったフローズンドリンクは、なんと牛丼1杯分くらいのカロリーがあります。

あなたも知らず知らずの内に恐ろしい「飲料太り」をしている可能性があります。そこで、今回は飲み物にも目を向けてもらうために【ダイエットに効果的な飲料】をご紹介したいと思います。

ダイエットに効果的な身近な飲料10選

ここではダイエット向きのおすすめ飲料をご紹介します。市販のダイエット飲料ではなく、あくまでも身近にある飲み慣れたドリンクを集めてみました。

ダイエットに効果的な飲み物と効くと、野菜のスムージーやお腹をいっぱいにしてくれるダイエットドリンクを思い浮かべる人も多いと思いますが、実は身近な飲み物もダイエットに効果が期待できます。ぜひ参考にしてみてください。

おすすめ飲料1.内臓を温める白湯

ダイエット中にぜひ飲んで欲しい白湯。飲料可能なお水を沸騰させて飲める温度まで冷ました白湯が、ダイエットにとても良い効果をもたらします。

白湯を飲むと内臓が温まり、体内の老廃物を体外にスムーズに排出され、肝臓(有害物質を無毒化する臓器)の働きが活発になることで代謝が促進されます。基礎代謝がアップすると、もちろん消費カロリーもアップしますし、冷えも改善されます。

また白湯を飲むとリンパや血液の流れが良くなり体外に排出される老廃物の量が増えます。老廃物が体外にしっかりと排出されることで、デトックス効果が高まるという良いサイクルが出来るので、痩せやすい体質に近づくことができます。

《白湯飲みダイエット方法》

白湯は朝一番に飲むのがおすすめです。白湯を飲むことで、まだ目覚めきっていない体にエンジンをかけて、活発に動き出すモードに変えてくれます。腸のぜん動運動を促して、便秘解消にも効果が期待できます。

白湯の作り方は、まず飲料可能な水を強火にかけ沸騰させます。沸騰したら弱火で10分火にかけて飲みやすい温度になるまで冷まして完成です。

おすすめ飲料2.冷え防止&デトックス効果は常温の水

おすすめ飲料の2つ目は、冷えを予防しつつ血の巡りを良くしていく常温の水です。目安としては1日に1.5~2リットルの常温水を飲むことをおすすめします。

常温の水は腸内環境を整え便秘解消にも繋がり痩せやすい体に近づけます。腸内環境が悪化して何日も便が出ていない状態が続くと、代謝も悪くなるので痩せにくい体質になってしまいます。

冷たい水がいいと思う人もいるかもしれませんが、冷たい水は体を冷やし代謝を落としてしまうので常温の水にしましょう。

おすすめ飲料3.腹持ち抜群。炭酸水

ダイエット向きの飲料水として必ずランクインしてくるのが炭酸水です。炭酸ガスが含まれているという点では炭酸のジュースも同じですが、糖分が大量に含まれているのでダイエットに適した飲料ではありません。ダイエット中は糖分が含まれていない炭酸水を飲むようにしましょう。

炭酸水がダイエットに適した飲料と言われるのは、飲んだ後の腹持ちの良さです。炭酸ガスがお腹の中で膨らむので、自然と満腹感を得やすいのです。ポイントは、食事の前に炭酸水を200ml飲み干すことです。人間はお腹が空いているとつい食べ過ぎてしまいますが、食事前に炭酸水を飲んでお腹を膨らませておくことで食事量を抑えルコとができます。

おすすめ飲料4.美肌&満腹感の豆乳

肌の調子を整えてくれる「飲む美容液」とも呼ばれる豆乳です。ダイエット中は食事内容の見直しや甘いものを我慢したりすることで、ストレスが溜まりやすく肌トラブルなども起こしやすくなります。

豆乳には女性ホルモンに近い働きをする大豆イソフラボンが豊富に含まれており、この大豆イソフラボン・サポニン・レシチンなどが、ダイエット中の栄養不足を補い、イライラの解消や女性らしい美しさをキープしてくれます。

豆乳の中でもおすすめなのが無調整豆乳です。一口飲むと大豆本来の風味がダイレクトにくるので苦手な人も多いかもしれません。その場合は飲みやすい調整豆乳がおすすめです。調整豆乳は無調整豆乳に比べると飲みやすくなっているので、スムージーに入れたりコーヒーと合わせて美味しく飲むことができます。

ただし、たくさん飲めばよいというわけではありません。1日300mlを目安にして豆乳の他に納豆・豆腐・湯葉などを食べる場合は自分で豆乳の量を調整するようにしてください。

おすすめ飲料5.リコピンたっぷりのトマトジュース

トマトジュースは実はとてもダイエット向きな飲料です。トマトが美容に効果的な食材であることはご存知の人も多いかと思います。トマトと言えばリコピンが豊富な野菜として知られていますが、リコピンは抗酸化作用の強い成分なので、血液中の悪玉コレステロールの酸化を防いでくれます。また、生活習慣病の予防にも効果が実証されているので、美容と健康に良い影響を与えてくれる成分だと言えるでしょう。

実はリコピンの吸収率はトマトを丸ごと食べるよりもトマトジュースで摂取した方が2~3倍アップするので、同じように摂取するならトマトジュースの方が断然良いと言えます。

またトマトジュースは水と違い食物繊維をたっぷり含んでいる飲料なので、便秘体質の人にも最適です。食物繊維が豊富なゴボウやサツマイモをたくさん食べるよりも、トマトジュースを飲む方が手軽に食物繊維を摂取できます。便秘体質を改善しなければ、なかなか下腹ぽっこり体型は解消できないのでダイエットにももちろん効果的です。

おすすめ飲料6.ほっこり黒豆茶

ノンカフェインで飲むとほんのりとした甘さが心地よい黒豆茶。粉砕した黒豆を使用しているので、栄養分がギュッと詰まった美容と健康効果が期待されるお茶です。

黒豆を料理に取り入れるとなるとメニューのバリエーションが少なく悩んでしまうかもしれませんが、黒豆茶なら毎日手軽に飲むことができますね。

注目すべきは、黒豆茶に含まれる「サポニン」と「アントシアニン」という2つの成分です。「サポニン」は腸で吸収されたブドウ糖が脂肪になるのを防いでくれる上に、脂肪代謝を促してくれるので、ダイエットの味方です。「アントシアニン」は美肌成分というイメージが強いのですが、脂肪の吸収を抑えつつ余分な脂肪を排出する効果を持ち合わせています。優しい甘さの黒豆茶は和食にピッタリ。ぜひ、毎日の食卓にプラスしてはいかがでしょうか。

おすすめ飲料7.ノンカフェイン。ルイボスティー

一口飲むと異国情緒の香りが広がり、リラックスできると評判のルイボスティー。ノンカフェインのお茶なので、女性からの人気が高いですよね。

ルイボスティーに含まれる「SOD」という酵素は老化の原因となる活性酸素を取り除いて新陳代謝を高めてくれます。ルイボスティーは老化の改善をしつつ痩せやすい体質にしてくれるというわけです。しかしルイボスティーも飲み続けることが大切です。医薬品ではないので時間をかけてゆっくりと効果を感じられるようにしましょう。

おすすめ飲料8.運動前にコーヒー(無糖)

ダイエットにおすすめな飲料8つ目は無糖のコーヒーです。カフェインが入っていないデカフェ思考の人も増えてきていますが、実はコーヒーに含まれているカフェインには血流促進と脂肪燃焼効果があり、ダイエットに最適な飲み物なのです。

飲むタイミングとしておすすめなのは運動をする30分前。ダイエットのために運動をする人も多いでしょうが運動前にコーヒーを飲むことで脂肪の分解が促進され、より効率的に脂肪が燃焼されるようになります。

おすすめ飲料9.杜仲茶でスッキリ

杜仲茶はダイエッターには嬉しいダイエット効果を持ち合わせています。

杜仲(とちゅう)茶は「ゲニポシド酸」という成分を含んでおり、このゲニポシド酸が脂肪の蓄積を抑制して脂肪を分解、排出する効果を持ち合わせています。おすすめのタイミングは、中華料理や揚げ物などの高脂肪・高カロリーの食事をする時。今日はちょっとカロリーオーバー気味になりそうと思ったら杜仲茶を一緒に飲むのがおすすめです。

おすすめ飲料10.ダイエットに最適の黒烏龍茶

脂っこい中華料理と一緒にウーロン茶を飲む人も多いですが、さらにおすすめなのが黒烏龍茶です。
一般的なウーロン茶と黒烏龍茶の違いは、ご存知でしょうか。一番の違いは黒烏龍茶の方が脂肪の分解酵素の働きを活性化してくれる重合ポリフェノールが多く含まれている点です。

黒烏龍茶を飲む最高のタイミングは食事の時。ダイエット中でも酢豚や春巻き、トンカツなど脂っこいメニューを食べたくなることがあるかもしれません。そんな時には黒烏龍茶と一緒に摂取しましょう。

ダイエット飲料を賢く取り入れていこう

いかがでしたか?今回は「ダイエットに効果的な飲料」をご紹介しました。ダイエットには毎日何度も口にする飲み物に気遣うことも大切です。ぜひ今回紹介したダイエットに効果的な飲料を参考にしながらダイエットに取り組んでみてはいかがでしょうか。