キャビスパEXを購入する

レビュー キャビスパEX

最近の記事

もっとみる

キャビテーション一覧

ダイエット中に飲んでもいいアルコールの種類と注意したいお酒

ダイエット中はアルコールを控える

ダイエットをする時に、やはりお酒は控えるのが一般的です。というのもお酒には、糖質が沢山含まれている物が多く、さらに空腹感を増幅させる効果もあります。

その上アルコールのお供にはカロリーも塩分量も多いおつまみが付きものですし、開放的な気分になることで飲食の量をコントロールしにくくなります。

そのためアルコールは基本的にダイエットには向かない飲み物と考えておいた方がいいでしょう。

お酒を飲まなければいけないこともある

しかしいくら自分でお酒を控えるように気を付けていても仕事の付き合いや友達と夜会うことになれば、お酒は付きもの。

自分だけソフトドリンクを飲むわけにいかないこともあると思います。そんな時になるべく太らないアルコールを選ぶとしたら、どのようなお酒が良いのでしょう。

太らないダイエット中におすすめのアルコール

  • ウーロンハイ(焼酎)
  • 緑茶ハイ(焼酎)
  • レモンサワー(焼酎)
  • 赤ワイン
  • ハイボール(ウイスキー)

焼酎やウィスキーは低カロリーなので、この二つがベースになっている飲み物はおすすめです。ただ割る物がジュースや甘い高カロリーな物を使っている場合、せっかく低カロリーなお酒を選んでいる意味が無くなるので注意してください。

またカロリー自体はそこまで低くありませんが、赤ワインは脂肪を分解してくれるタンニンが豊富に含まれているためダイエット効果があり、アルコールの中でもおすすめです。

ダイエット中はNG!避けたいアルコール

  • カクテル(リキュール)
  • 果実酒
  • ビール
  • 日本酒

反対にダイエット中ならこれは避けたい!というアルコールは上記のようになります。

やはり甘く飲みやすいイメージのあるカクテルや果実酒は、高カロリーで糖質が高いため太りやすいです。スイスイ飲めてしまうので、飲み過ぎてしまう点も避けたい理由の一つです。

1杯目はとりあえずビール!となりがちですがなるべくビールも避けていきましょう。もし缶の場合は糖質オフ、糖質0のビールを選ぶといいです。

日本酒も米から作られていることもあり太りやすいのでダイエット中は避けましょう。ただ日本酒は低カロリーなおつまみや食事と合わせて飲むことが多く、ビールやカクテルのようにガブガブ飲むものでもないので一概に悪いとも言えません

以上、ダイエット中のアルコール摂取についてでした。ぜひお酒の種類や量を考えて、ダイエットの足止めにならないよう頑張ってください!