キャビスパEXを購入する

レビュー キャビスパEX

最近の記事

もっとみる

キャビテーション一覧

ダイエットで指標にされるBMIとは?モデル体型のBMI値

「BMI」は健康診断やダイエットで一度は聞いたことがあると思います。ですが実際このBMIはどのような値なのか、自分のBMI値の計算方法、同じ身長で理想的な体型の人のBMI値はどれ位になのかなど今回はダイエット指標にもなるBMIについてご紹介したいと思います。

BMI(ボディマス指数)とは

BMI(Body Mass Index)とは、日本語ではボディマス指数と言い、自身の体重と身長を計算式に当てはめることで肥満度を知ることができる体格指数です。

ベルギーの数学者によって1835年に開発され、現在はスポーツの体重制限ルールに組み込まれていたり、学校の健康診断など様々な場面で用いられています。

簡単!自分のBMIの計算方法

【BMI計算式】

BMI = 体重 (kg) ÷ {身長 (m) × 身長(m)}

BMIは、自分の身長をメートルにしてかけた答えで体重を割った値になります。

【計算例】

たとえば、160cm、55kgの女性の場合、

55÷(1.6×1.6)= 21.484375

となり、BMIは四捨五入で21.5です。

自動計算してくれるサイトを活用

また自分で計算しなくても「BMI」と検索すると体重や身長を入力するだけで自動計算してくれるサイトがいくつもあるのでそちらを利用すると早く確実に計算することができます。

標準的な健康体重と理想的な美容体重のBMI

上で計算したBMI値を使って自分がどの程度の体型なのか、どれくらい痩せれば理想的な体重になれるのかという目安を見ることができます。

  • BMI18.5未満   …痩せすぎ
  • BMI19     …理想的(美容体重)
  • BMI20~22   …標準的
  • BMI23~24   …肥満予備軍
  • BMI25~    …肥満

上で計算した160cm女性のBMIは21.5だったのでちょうど標準的な体重となります。

モデルや芸能人のような細い体を手に入れたい人はBMI18を目指したりもしますが、健康面で障害が出てくることが多いため、安易に真似をすべきではありません。

BMIの欠点と注意点

BMIは体脂肪率や水分量を反映していない

体重と身長で適正体重が割り出せる計算方法ということでBMIは非常に便利で目標にしやすい数値です。

しかしBMIの欠点は体脂肪率や体内の水分量をまるで反映していない点です。

BMIの計算には体重と身長しか自分のデータを使っていないので、肥満度や体型を見るには十分とは言えません。

筋肉なのか脂肪なのかでも変わる

脂肪ばかりの状態で体重が50kgあるのか、筋肉質で体重が50kgあるのか。

本当に重要なのは、この体重が何で形成されているかです。

筋肉は脂肪より重いため、見た目よりも痩せて見えますし引き締まって見えます。反対に脂肪は筋肉より軽いですが、たるんだ見た目と大きな体積で、同じ重さでも醜く見えます。

しかしBMIでは自分の体に脂肪や筋肉がどれくらいあってこの体重になっているのか分からないため、情報として不十分だと思われます。

体重に固執する原因に

簡単な目安として軽い気持ちで見る分にも問題ありませんが、このBMI値は「体重」に固執してしまう原因にもなりかねません。

BMI値を低くするには体重を減らすことが1番ですから、間違ったダイエット方法を選んでしまうことも考えられます。

本当に大切なのは、体重が減ることよりも健康的で美しいスタイルであることなので、BMI値は参考程度にする意識でいるのがちょうどいいです。

BMI値よりは筋肉量や体脂肪率など様々な数値を気にしながらバランス良くダイエットできるよう努力しましょう。