キャビスパEXを購入する

レビュー キャビスパEX

最近の記事

もっとみる

キャビテーション一覧

太もものセルライトをなくしたい

【脱毛】8

太ももにできてしまったセルライトは、水着を着るのがためらわれるなど、憂鬱な気分にさせられるものですが、適切なケアをすれば取り除くことができます。太もものセルライトを除去する為にはいくつかの方法がありますので、比較してみましょう。

 

◼︎ 太ももを引き締めて、部分痩せをして細くする、セルライトを取り除く方法…キャビテーションの場合

キャビテーションは、引き締めたい部分、部分痩せしたい部分に超音波をあて、脂肪細胞に刺激を与えて、余分な脂肪を分解、体外に排出します。キャビテーションは、エステで施術を受けることもできますが、自宅で家庭用の美容器を使って行うこともできます。キャビテーションは自宅でできるので手軽であり、家庭で行えば、それほど高額な費用も掛からずできます。

 

◼︎ 太ももを引き締めて、部分痩せをして細くする、セルライトを取り除く方法…リンパマッサージの場合

リンパマッサージは足の裏から順に毎日片脚につき10分程度脚全体をマッサージし、代謝を良くし、セルライトをつぶしていく方法です。

 

◼︎ 太ももを引き締めて、部分痩せをして細くする、セルライトを取り除く方法…脂肪吸引の場合

脂肪吸引は、手術をして脂肪細胞を取り除くことで、部分痩せをします。手術の方法は、粗か味目破壊した脂肪細胞を注射器のような器具で吸引するというものです。手術中は麻酔をするので痛みはありませんが、手術後は回復に時間がかかり、腫れや痛みが出る場合もあります。1週間後には再度診察を受け、抜糸をします。また、1~3週間後は圧迫装具を着用する、腫れが引いた後には、拘縮という皮膚が硬くなる状態がおこるので、皮膚がでこぼこにならないようマッサージをするなどの特別なアフターケアが必要です。

 

【まとめ】

太ももを引き締め部分痩せさせる、又はセルライトを除去する際のキャビテーションとリンパマッサージ、脂肪吸引のメリットとデメリットをまとめます。

 

  • キャビテーションのメリット
    自宅で行った場合にはそれほど費用がかからない、手軽にできる、痛みが無い、アフターケアが必要ない、リバウンドしない
  • キャビテーションのデメリット
    継続して行う必要がある、効果をあげる為にはマッサージをする必要がある、1回行っただけでは効果が出ない
  • リンパマッサージのメリット
    費用がかからない
  • リンパマッサージのデメリット
    痛みがある 効果が出るまでに非常に時間がかかるので、最後までモチベーションが保てない
  • 脂肪吸引のメリット
    1回で効果が出る
  • 脂肪吸引のデメリット
    費用がかかる、特別なアフターケアが必要である、術後1~3週間腫れや痛みが続く、適切なケアをしないと皮膚がでこぼこになる恐れがある

 

≪まとめのまとめ≫
最も手軽で費用を抑えることができ、効果が期待できる方法は、キャビテーションとリンパマッサージの組み合わせです。

 

■ リンパマッサージと併用できるキャビスパEX

キャビスパEX

費用は最小限に、効果は最大限に。このためにはリンパマッサージに加え、キャビテーションを行うのが効果的です。少しでも早く効果が出ないと飽きてしまうもの。効果を実感することが一番の持続の秘訣。お風呂でリンパマッサージをしながら、そのままキャビテーションができる。それがキャビスパEXです。このキャビテーション美容器は防水で、専用ジェルを使わなくても使用可能なため、お風呂でも使用することができます。経済的にもジェルの費用がかからず、手間も大幅にカットできることから、最小限の費用で最大限の効果が期待できます。

btn_detail