キャビスパEXを購入する

レビュー キャビスパEX

最近の記事

もっとみる

キャビテーション一覧

子育て中のママも痩せたい

asian babys and mother in the room

出産後、太ってしまったけれど、赤ちゃんの世話に追われてとうてい自分の体形をケアする余裕はないというような状態が続くと、子育てはとても大変なものなので、それだけでもストレスになってしまうような日常の中で、出産後、体型がなかなか元に戻らないと余計ストレスになってしまいます。

とは言っても、自分の時間が取れる状態ではない為、痩せたいけれど、時間が無いから…と諦めてしまっているということはありませんか?

 

◼︎ 子育てで自分の時間がない人でも、自宅で簡単にキャビテーションができます

出産後は、赤ちゃんがお腹にいた時の癖で食物の摂取量が多くなりがちなこと、赤ちゃんがお腹にいた間、運動不足になっていたことから筋肉の量が減って基礎代謝が悪くなっていること、妊娠中の姿勢や出産のせいで骨盤が歪んでしまったことなどが原因で太ってしまう人がたくさんいます。

けれども、よっぽど恵まれた環境で子育てをしているのではない限り、自分のボディラインをシェイプする為に、ストレッチ教室や、痩身エステに通うような時間は取れません。

このような場合には、自宅でキャビテーションができる家庭用の美容器が便利です。

 

◼︎ 自宅で簡単にキャビテーションができるので子育て中でも理想的なボディラインを維持できます

操作が簡単で、特別な準備も必要なく使える家庭用のキャビテーションができる美容器には、身体の深部を温めるラジオ波、脂肪を溶かすキャビテーション、筋肉を動かすEMSという3つのモードがあるので、自分の身体の状態に合わせて使うことができます。

コンパクトなサイズなので、赤ちゃんが眠った時など、ちょっとした時間にできること、お風呂の中でも使えることなどから、手軽に痩せる為のボディケアができます。

 

◼︎ キャビテーションをする以外にも、時間が無い子育て中にするダイエットで気を付けたいこと

母乳をあげている人は、痩せたいからと言って食事の量を減らさないようにすること、根菜類、魚介類、大豆食品、米などをバランスよく摂取し、脂肪分や糖分の多い食物は避けましょう。

また、赤ちゃんの世話で忙しくしていて空腹を我慢しているとドカ食いをしてしまい、肥満の基になってしまうので、1日5回を目安に、少量ずつ食事をする習慣をつけましょう。

 

【まとめ】

出産後太ってしまっても、子育てで時間がないので、痩せる為にストレッチ教室や痩身サロンに通う時間は取れません。

そのようなときには、操作が簡単で、自宅で手軽にキャビテーションができる家庭用の美容器を使ってみましょう。

毎日、ちょっとした隙間の時間やお風呂に入った時に少しずつ使うだけで、徐々に効果が現れます。